大手旅行代理店H.I.S.が仮想通貨Bitcoinでの決済開始に



大手旅行代理店H.I.S.が仮想通貨Bitcoinでの決済開始に

今ネットでBitcoin(ビットコイン)の話題を目にすることが多くなってきたが、ビットコインとは世界中の人が同一の貨幣を持つことができる仮想通貨のことで今じわじわと利用者が増えてきているのが現状で、取引を仲介してくれる大手仲介業者はテレビCMを流すほどです。そんな中、ビットコインでの決済が可能な企業が増えており、昨日大手旅行代理店のH.I.S.(エイチ.アイ.エス.)が一部店舗でビットコインでの支払いをできるようになると発表した。



H.I.S. ビットコイン決済を開始-JNN NEWS

大手旅行代理店のエイチ・アイ・エスは、21日から一部店舗で仮想通貨の「ビットコイン」で支払いができるようにしました。ビットコインでの決済に対応するのは旅行業界では初めてだということで、新宿本社営業所で先行導入し、23日からは都内38店舗に対象を広げます。利用額の上限は一件につき200万円相当としていて、エイチ・アイ・エスは「利用状況をみて導入する店舗の拡大を検討していきたい」としています。(21日13:01)

そもそもBitcoin(ビットコイン)とは

ビットコインはサトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto) を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクション(ビットコインの所有権移転: 取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン (BTC) が使用される。このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省はビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。ビットコインは、この種のシステムの中では最大の時価総額を持つものである。

ビットコインはトランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取る。ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスと交換することもできる。ビットコインを送信するときにユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができる。

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や特別な権限を持つ発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、ピア・トゥー・ピア型ネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払(英語版)いの検知のためプルーフ・オブ・ワーク・システム(英語版)が用いられている。

wikipediaより

簡単にまとめると

  • サトシ・ナカモト氏が考えました
  • ビットコインは仮想通貨です
  • 世界中の人が同一の通貨を使え、世界中のお店でビットコインでの支払いが可能です
  • 取引手数料も銀行より安いですよ

という感じです。



詳しくはコチラ

ブログを読んでいただきありがとうございます。宜しければはてなブックマークとブログランキングのご協力をお願いいたします!
にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です